これで安心! タイプ4 :台風バージョン


先日、ご紹介した カーポートルーバー ですが、
日よけバージョン (345x254)

タイプ3 : 日よけバージョン(↑)と、
タイプ1 : 風通しバージョン(↓)との 切り替えは、
すのこ (赤く塗った部分)の スライドだけです。

風通しバージョン (345x257)

タイプ2 : 雨の日バージョン は、この状態から ・・
ずらして押し込む (345x234)

奥に押し込めば 完成。
雨の日バージョン(345x227)

手前にできたスペースに、「板」を 斜めに 差し込めば、
風の強い日でも安心です。
音鳴り防止板 (345x421)

ただし、台風への準備 となれば、話は別!
台風用パネル(345x498)
1.ネジを外し、(黄色で塗った)板を外す。
2.「台風用のパネル」を はさむ。
 (重いので、左右2枚に分割しています。)
3.外した板を、再び ネジで止める。

台風バージョン (345x250)
以上で、タイプ4 : 台風バージョンとなります。
次に、「脱着式補助柱」 2本を 外し、

補助柱を立てる (345x460)
伸ばして固定し、所定の位置に取り付けます。
これで、カーポートの端が アオられるのを防いでくれます。

コンクリート壁に固定(345x259)
前に飛ばされてしまった ゴミ袋ストッカー も、
しっかりと コンクリート壁に固定 しましたので、
もう、大丈夫です ♪

カーポートルーバー 設計図?は → こちら



関連記事
スポンサーサイト

お読み頂き、ありがとうございます。
「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
ポチッと 押して頂けると、うれしいです。
  ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメント

miss.key さま

おおっ。ご提言、ありがたく頂戴いたします・・
それにしても! 日本シリーズ盛り上がっていますねー
一勝一敗一分けとは、まだまだ酒が飲めますなー♪
ひいきのチームがすでにシーズンオフに入っている私にとっては羨ましい限りです。

2018.11.03  11:48      さん   URL

天蓋のアクリル板に注意

天蓋のアクリル板は軽量化しているが為に意外にもろいです。紫外線を常に浴びるせいかもろくなりがちで、留金やボルトのところからひびが入る事が有ります。そこに風が来ると簡単に割れます。まあ、二三年ではどうという事も無いでしょうが。お気をつけあれ。

2018.10.21  21:41     miss.key さん   URL

コメントを書く

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント