ウラ技「ジョイントにキャスターを直付けする」

前々回の記事 で、イレクターと端材で作った
「キャスター付ラック」 のお話をしましたが、
イレクターにキャスターを付ける (345x345)
実は このキャスター、下図の様な、
イレクター専用パーツではありません。
専用キャスター各種 (345x165)

メタルラックのキャスター(↓)の、余ったヤツ です。 (笑)
メタルラックのキャスター (345x250)

それを、ジョイント部分に 直付けするウラ技
を、説明いたします。
ジョイントにキャスターを直付け(345x240)

まずは、キャスターのネジ部に合う 「ナット」を用意します。
ホームセンターで買う時は、キャスターを持って行きましょう。
「見本」を使って、 正しいモノが 簡単に選べます。
ナットを選ぶ (345x293)

ネジ部と 同じ太さのドリルで 穴を開けます。
最初に細いもので「下穴」を開けておけば、正確です。
ドリルで穴開け(345x259)

1台あると便利な「コンパクトベンチバイス」
通販で 3,000円ぐらいで売っています。
コンパクトベンチバイス (345x471)

ぴったりの穴 が開いたら、回しながら ねじ込んで、
中から ナットで締めます。
ナットで締める (345x282)

完成! ビクともしません!
くれぐれも、大きな穴を開けすぎないように、ご注意ください。
ジョイントにキャスターを直付け断面図(345x259)

ナットが 1個 5円 だと思いましたので、材料費 20円。
まあ、1個 10円 だとしても、40円で仕上がりますね。
ダンゼン、お得です!
関連記事
スポンサーサイト




お読み頂き、ありがとうございます。
「にほんブログ村ランキング」に参加しています。
ポチッと 押して頂けると、うれしいです。
  ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメント

コメントを書く

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント